複数人にショートメッセージを送信できる法人向けSMSサービスについて
複数人にショートメッセージを送信できる法人向けSMSサービスについて
2019.09.13

複数人にショートメッセージを送信できる法人向けSMSサービスについて

さまざまなメールサービスが広がっていますが、中でも古くから活用されているSMSが注目を集めています。相手の携帯電話番号さえ分かれば送信できるため、特にビジネスにおいてSMSが有用であると見直されています。ここでは、ビジネスにおけるSMSサービスがどのようなシーンで利用でき、どのような問題を解決できるのか紹介します。

SMS(ショートメール・ショートメッセージ)一括送信のメリット

SMSは個人的にはそれほど利用していない、という人が多いのではないでしょうか。一度に送信できる文字数が決まっていたり使用できる絵文字が限られていたり、さらには送受信に別途料金がかかったりする場合もあり、使い勝手の良い他のメールサービスを利用することが多いでしょう。しかし、ビジネスとしてSMSを利用する場合、そのメリットは何といっても電話番号さえわかれば一括送信できる、という点に尽きます。メールアドレスの誤記入などでメールが届かなかったり、他のメールに埋もれて見てもらえなかったりといった問題を解決する1つの手段といえるでしょう。

携帯電話番号を持っているすべての人にSMS送信できる

ビジネスではどれだけ消費者の目に触れ、商品や内容を知ってもらえるかが重要です。知らない商品を購入する人はほとんどいないでしょう。多くの消費者にアクセスしてもらうために情報を提供することは、ビジネスにおいて不可欠といっても過言ではありません。こうした情報の提供に当たって、CMなどの不特定多数への販促も1つの手段ですが、SMSは携帯電話という個人に直接訴えかけるツールです。他の個人情報がなくても携帯電話番号が登録されていれば送信できるため、確実に届けたい情報を送れるでしょう。また、消費者だけでなく、会社内でも活用できる可能性を持っています。

SMS送信サービスは1日200通までの制限がない

SMSには、1日の送信件数の制限があります。これは携帯電話からSMSを送信する場合の上限で、1日200通までと設定されています。しかし、SMS送信サービスを利用することで上限なしで大量送信が可能です。こうした大量送信が前提となる法人においては、SMS送信サービスの利用は不可欠といえるでしょう。さまざまなSMS送信サービスが存在しますが、「SMS HaNa」では送信件数の上限設定はありません。また、配信速度も1時間あたり10万通配信のため、短時間で大量の配信が可能です。SMSサービスを検討する際は配信性能も合わせてチェックすると良いでしょう。

迷惑メールとして除外されない

メールサービスであれば、送信元のドメインによって迷惑メールとして仕分けられ、相手の目に届かない場合もあります。しかし、SMSであれば迷惑メールとして処理されることはありません。SMSの通知もされるため、目を通してもらえる可能性がメールに比べて格段に高いと言えるでしょう。

「ショートメッセージサービス(SMS)」についてはショートメッセージサービス(SMS)の使い方 の記事もぜひご参照ください。

SMS(ショートメッセージ)送信サービスの利用シーン

ビジネスにおいてSMS送信サービスを利用するのはどのような場面でしょうか。まず、これまでメールで提供していた情報をSMSに切り替えるのも1つの手段です。それ以外にもSMSならではの活用法を紹介します。

定期購入促進のための連絡手段

既存顧客からのリピート購入を促すため、メールを送信しているという企業は少なくないでしょう。定期的に購入してもらうため、購入して一定期間が経過したり、新しい商品が発売された場合にはお知らせのメールを送ったりしますが、消費者としては1日に何通も届く同様のメールに埋もれて目を向けないことも想定されます。無視されることも折り込み済みで配信しているとはいえ、目に触れる機会が多ければ少なからず販促に繋がるでしょう。SMSであれば少なくとも送信元の名前は確認するため、たとえ消去されても目に触れることになります。また、画像などは添付できないためURLへの誘導が多数となり、文字だけのシンプルなメール画面であることも、情報過多の現代ではかえって目を引くでしょう。

海外勤務者に向けた、緊急安否確認のための連絡手段

SMSは文字だけのシンプルな特性から、要件を的確に伝える業務連絡にも適しています。さらに、海外勤務者の安否確認にも活用できるでしょう。海外勤務者や海外出張など、企業によっては通信環境などが整っていない場所での勤務も想定されます。そうした場合、通常の通信手段としては国際電話やメールで事足りても、災害時などの緊急事態が発生した際、連絡手段がないということにもなりかねません。緊急時にもSMSを活用することで、連絡手段を確保できます。

リストからの緊急時の一斉同報を送付

前もって作成したリストをもとに、緊急時に一斉送信する際にSMSは最適な手段と言えます。緊急時は通信手段が限られる可能性も考えられます。メールを送っても、届かない可能性もあるでしょう。緊急時だからこそ一刻も早く情報を提供・共有しなければならないケースもあります。そうした際にもSMSであれば、安定した連絡手段として活用できます。Emailはパケットネットワーク上での通信ですが、SMSは電話と同様回線交換ネットワーク上での通信です。こうしたSMS通信の仕組みは災害時の連絡に最も適していると言われています。たとえ電話が通信規制にかかったとしてもSMSは通信回路にほとんど負担をかけないため、災害時の連絡手段として有効なのです。

SMS(ショートメール・ショートメッセージ)の効果的な活用法

SMSはショートメール・ショートメッセージと言われるように、一度に送信できる文字数に制限があります。一般的なEmailであれば文字数も自由に、画像も添えて視覚的に分かりやすい内容になっていますが、SMSではどのような点に注意すると良いのでしょうか。

必要な情報をコンパクトにまとめる

SMSはあくまでも消費者にとってのきっかけであると考えると良いでしょう。全てをSMSに詰め込む必要はありません。SMSは一通当たりの文字制限があり、およそ全角で70文字、半角で160文字前後の文字で収める必要があります。企業名はもちろん、SMS送信の目的や誘導先のURLなど、必要な情報をコンパクトに熱意を持って伝えることが大切です。

いつでもユーザーが登録・解除できる方法を示しておく

SMSの受信が不要、というユーザーも中にはいます。そうしたユーザーのために、受信解除用のURLを用意したり、受信解除用のメールアドレスを用意するなど、解除方法についても告知しておくようにしましょう。

SMSサービスは今後ますます注目される!

SMSはビジネスにおけるマーケティングとしても災害時における活用にしても、今後ますます注目されることが予想されます。SMS一括送信サービスは、そうしたSMSの可能性をさらに広げてくれる存在です。法人向けSMSサービスにはさまざまなものがありますが、「SMS HaNa」であれば、ビジネスで抱えている問題を解決できるでしょう。まずは本サービスへ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

SMS一斉送信サービスの便利な機能

SMS一斉送信サービスは、どの企業や団体でも導入しやすいサービスだといえます。導入することで、顧客へスムーズに連絡できたり、損失を防いだりできるので、顧客が多い場合は検討してみてはいかがでしょうか。

SMS一斉送信サービスのSMS HaNa「資料請求・お見積り」

SMS一斉送信サービスを検討するなら、機能やサービスが充実しているSMS HaNaがおすすめです。HaNaのサービス内容や料金、お問い合わせ方法を紹介します。

SMS HaNa料金 お問合せ

登録料や月額会費無料、SMS一通あたり8円~と、安心の料金設定となっています。送る件数や利用状況によっても価格は異なるので、気になる人は下記の公式サイトより資料請求をしてみましょう。

資料請求・お見積りのご依頼、お問合せはこちら

SMS HaNaの基本的な操作方法とは?

SMS HaNaは、申し込みから最短4営業日で利用可能です。SMS一斉送信サービスが利用できるだけでなく、短縮URL機能や誤送信防止、差し込み機能などが付いています。そのため、会社や団体のサイトのURLが長くても記載ができたり、顧客の名前を差し込んだりすることができます。誰がメッセージを読んだか、URLは何度クリックされたかなどを知ることができるので、費用対効果判定をすることも可能です

SMS送信はわずか2ステップの簡単操作

SMS HaNa簡単操作【STEP1】送信日時を設定

【ステップ1】送信日時を設定:
予め用意した送信リストをアップロード ※一件だけへの送信も可能です。

SMS HaNa簡単操作【STEP2】送信メッセージを入力

【ステップ2】送信メッセージを入力:
予め用意したテンプレートをご利用いただくこともできます。

SMS HaNa簡単操作【送信完了】

【送信完了】送信確認ボタンをクリック:
わずか2ステップでSMS送信が完了します。

その他、SMS HaNaの便利機能

トラッキング機能:
過去60日分の送信履歴を閲覧できます。
メッセージに入力したURLを「いつ・誰が・何回クリック」したかを追跡できます。

ブラックリスト機能:
送信を停止したい電話番号を登録することができます。
配信停止希望の宛先への誤送信などを防げます。
1件毎の登録とリストの登録が可能です。

記事カテゴリ一覧

TOP