FAXの一斉送信で、手間と時間を大きくカット!
FAXの一斉送信で、手間と時間を大きくカット!
2019.03.27

FAXの一斉送信で、手間と時間を大きくカット!

インターネットを使った電子メールが連絡手段の中心となった現在でも、FAXは業務連絡やお得意様への案内など、まだまだ利用頻度の高いツールです。また、マーケティングツールとしても優秀です。
しかし、FAXを多くの送信先に送るのは、手間も時間もかかるものです。そこで、もっと簡単にFAXを送信する方法はないでしょうか?

ビジネスシーンに不可欠なFAX

スマートフォンの普及、さらにSNSやチャットツールの発達で、コミュニケーションの形は大きく変わりました。資料はすべてデジタル化してメール送信、あるいはクラウドに保管しておき、チーム内で共有。社内外への連絡はチャットやメッセージツールで済ませ、電話もほとんど使わない…。こうしたスタイルが広がりつつあります。
そんな中にあっても、FAXは今もオフィスに欠かせない存在で、マーケティングツールとして見た場合、多くのメリットを秘めています。ここでは、FAXのメリットを見ていきましょう。

さまざまな用途に使える

FAXDMやFAXニュース、会報、ニュースリリース、サポート情報の発信など、FAXの用途は多岐にわたります。また、セミナー開催の案内やキャンペーン告知、アンケート収集など、相手のアクションを促すツールとしても使えます。
マーケティング活動に幅広く活用でき、しかも低コスト。この使い勝手の良さが、FAXの大きな魅力なのです。

開封されたまま届く

FAXの送信は、電子メールやDMなどとは異なり、「開封された状態」で先方に届きます。ですから、開封もされずに捨てられてしまうDMや、タイトルだけで弾かれてしまうメールマガジンよりも人の目にふれる機会が段違いに高いといえるのです。

回覧性が高い

FAXは、1枚のプリントとして先方に現物が残るため、送信先である担当者から意思決定者である上長の手に渡されたり、他の部署に回覧されたりということも期待できます。
このように、送信先の部署内や会社内で回覧される確率が高いことも、FAXのメリットです。

必要充分な量の情報を入れ込める

FAXをマーケティング用途で使う場合、基本的にはA4用紙1枚となりますが、意外と多くの情報を盛り込むことができます。電話では伝えきれない情報も、じっくり読んでもらうことで先方に伝えることができるのです。

FAXのデメリットとは?

FAXは、多くのメリットを持つ一方で、デメリットもあります。
例えば、マーケティングツールとして使う場合は大量の送信先に配信するので、手間と時間がかかります。その分の人件費は明らかにマイナスですし、長時間にわたってFAXを占有してしまうこともデメリットです。A4用紙を1枚送信するのに約1分かかるので、100件に送信するとなると、100分も時間がかかってしまう計算です。
また、番号の押し間違いによる「間違いFAX」のリスクもあります。これは、マーケティングどころかクレームのもとになりますから、気を抜くことはできません。このように、手作業で大量のFAXを送信することには、無視できないデメリットもあるのです。

クラウドサービスですべて解決!

FAXのデメリットやリスクを回避してくれるのが、専門業者によるFAXDMサービスです。例えば弊社の場合、クラウドサービス「エルネット サプリ」を使って、ウェブブラウザーでストレスなく大量のFAX配信ができる環境を整えています。
このシステムを使えば、PDFやWord、ExcelなどのファイルをそのままFAX原稿に変換し、送信することができます。また、エクセルやCSVファイルにまとめた送信先リストがあれば、ドラッグ&ドロップで登録できますし、送信先の重複のチェックも可能です。数百件の送信先にも一斉送信できるだけでなく、送信日時の事前予約ができますので、送信先の属性に合わせ、レスポンスの高い曜日や時間帯に合わせたアプローチを実現することができます。しかも、低コストで導入・運用できますから、高い経費削減効果が期待できます。

FAXDMの活用で、業務効率をアップ!

FAXDMというと「新規営業のファーストコンタクト」というイメージが根強いかもしれませんが、FAXを一斉配信できるツールとして、日々の業務の中で有効活用することもできます。
FAXDMなら最小限のコストと手間で済みますし、何よりもさまざまなリスクを回避することができます。応用次第で用途が広がるFAXDMを存分に活用して、業務の効率化を進めてください。

記事カテゴリ一覧

TOP