[最新]SMS一斉送信サービス徹底解説!
[最新]SMS一斉送信サービス徹底解説!
2019.07.31

[最新]SMS一斉送信サービス徹底解説!

顧客や社員へ一斉に連絡をしたいとき、どんな連絡手段を使っていますか。SMS一斉送信サービスならば、今よりももっと安全に、そしてもっと効率的に連絡ができるようになるかもしれません。SMS一斉送信サービスは、どの企業や団体でも比較的導入しやすいサービスです。この記事では、SMS一斉送信サービスとは何かを徹底解説していきます。

SMSってどんな機能?特徴とは?

SMSとは、ショートメッセージサービスのことです。携帯電話宛に全角で1通70文字~最大670文字までのメッセージを送ることができます。特に何かのプランに加入しなくとも、SMSが利用できるため、気軽に連絡できるツールとして重宝されています。SMSの最大の特徴は、相手の携帯電話番号さえ知っていれば、SMSを利用して簡単なメッセージを送信できるという点です。そのため、SNSのように連絡相手を登録するための承認作業が必要ないので、業務連絡や緊急連絡の際に多く使われています。

高い到達率と視認率

SMSは、連絡を取りたい相手が携帯電話さえ所持していれば、ガラパゴス携帯あるいはスマホのどちらであってもメッセージを送ることができます。SMSのオプションに加入すれば、タブレットでもメッセージを送受信することが可能です。そのため、チャットアプリなどと違い、スマホを持っていない人にも連絡ができるので、メッセージの到達率はかなり高いといえます。

携帯電話が登場したばかりの頃とは違って、今は定額の通信サービスが選べるようになっています。通信量を気にせずに送れるので、チャットアプリやメールを連絡手段として使う人が多いでしょう。そのため、連絡手段として日常的にSMSを使っている人は、そこまで多くありません。普段利用することがないからこそ、SMSでメッセージを受信すると、緊急連絡や業務連絡などの大事な連絡かと思い、直ぐに確認してくれる人が多いのです。そういう意味では、SMSはとても視認率の高いメッセージツールといえるでしょう。

高セキュリティと高い信頼性

SMSは、SNSと違い、別デバイスからアクセスすることはできません。そのため、他者に不正にアクセスされる危険性が少ないのです。年々、詐欺や犯罪の手口も巧妙化してきているので、情報漏洩するリスクがないとは言い切れませんが、SNSやメールよりも安全性が高いといえるでしょう。また、SMSは高セキュリティなだけでなく、信頼性が高いメッセージツールともいえます。SNSのようにアカウント登録が不要なので、アカウントをのっとられたり、アカウントに紐づく他のサービスの情報が洩れたりする恐れがありません。一定期間にSMSを送信できる件数の上限が設けられているので、迷惑メッセージが送られてくる可能性が少ないことも高い信頼を得ています。

受信する側に負担がかからないサービス

SMSは、オプションの利用料金がかかりません。また、受信にも料金がかからないため、相手の負担にならない点が魅力的なサービスだといえるでしょう。送信料金も安く設定されています。

SMS一斉送信サービスとは?

SMSを使ってメッセージを大量に送信したい場合、SMS一斉送信サービスの利用がおすすめです。インターネット環境さえあれば、どこにいても一斉にメッセージを送信することができます。送ったメッセージの到達状況や返信状況は、リアルタイムで確認できるので、不達や未読となるリスクを防げるのです。SMS一斉送信サービスは、各キャリアが提供しているものや企業が提供しているものなど、サービスによって価格や内容が異なります。そのため、要望に合うサービスを選ぶことが大切だといえます。

SMS一斉送信サービスと携帯電話によるSMSとの違い

通常の契約でSMSを送る場合は、一定期間にSMSを送れる件数は決まっています。そのため、大量のSMSを送る必要がある企業や団体向けに、法人利用者用のSMS一斉送信サービスが提供されています。SMS一斉送信サービスは、携帯電話によるSMSと違い、送信件数の上限がないのに加えて、SMS送信料が通常よりも安く設定されていることがほとんどです。

SMS一斉送信サービスの仕組み

SMS一斉送信サービスは、企業や団体などの管理者が、SMSの送受信管理をPCなどで行います。SMS一斉送信サービスを提供している大手携帯キャリアや企業は、各携帯キャリアの正規通信を利用して、メッセージを送信しています。そのため、不達になる可能性や送信できないといった不具合が起きにくいのです。 これらのSMS一斉送信サービスは、提携企業により料金体系は異なりますが比較的安価であり、導入しやすいサービスといえるでしょう。

SMS一斉送信サービスを利用した送信方法

SMS一斉送信サービスを利用すると、登録した相手に対し一斉にメッセージを送信できますが、送信する際はスマホではなくPCから送ることができます。一斉送信するだけでなく、抽出条件などを付け、特定の相手に対してだけ送信することも可能です。反対に、特定の相手にだけメッセージを送らず、後は一斉送信するといった使い方もできるためとても便利です。

SMS一斉送信サービスのご利用シーン

SMS一斉送信サービスを使ってメッセージを送る相手は、なにも自社の社員だけとは限りません。企業が顧客に対して、SMSを利用しメッセージを送ることもできるのです。企業が顧客に対し、商品やサービスを販売するBtoCマーケティングにおいては、顧客とのやり取りは非常に大切となります。ここからは、SMS一斉送信サービスにはどのような利用の仕方があるのかを紹介します。

予約確認

飲食店や美容院、クリニックなどは、顧客がキャンセルするリスクを減らすことが大事です。そのため、SMSを使って顧客へ予約確認のメッセージを送れば、キャンセルするリスクを減らすことに繋がります。メッセージに予約キャンセル時の電話番号を記載しておけば、ドタキャンされる可能性が少なくなるので、損失を防ぐ効果も期待できるでしょう。

本人認証

企業や団体が運営するサービスに顧客が個人情報を登録するときに、安全性を高めるためSMSで本人確認するという使い方もできます。登録された電話番号宛てに、登録のURLや認証パスワードを送付することで、複数アカウントの作成を防いだり、不正利用を防いだりすることができます。

督促

SMSは、電話番号を利用してメッセージを送るため、未読や相手に届かないというリスクを減らすことができます。そのため、サービスや商品の未回収の代金について督促状を送るならば、SMSを利用したほうが見てもらえる可能性が高くなります。

メンテナンス案内

企業や団体のサービス、システムをメンテナンスするときは、顧客へ通知する必要があります。サービスやシステムで事前にメンテナンス案内をしても、見てくれるのはごくわずかです。そのため、全員に周知できるように、SMSを利用するという手もあります。

定期連絡・安否確認

幼稚園や保育園、学校などで保護者へ向けて定期連絡をしたり、震災が発生したときに安否確認したりするのに使うという方法もあります。他の連絡手段に比べると、全員に周知しやすいので、緊急連絡には向いているといえます。

「SMS一斉送信サービスのご利用シーン」についてはSMS一斉送信サービスのご利用シーンの記事もぜひご参照ください。

SMS一斉送信サービス導入事例

SMS一斉送信サービスは、どのような企業や団体で導入するのが向いているのでしょうか。ここからは、SMS一斉送信サービスの導入事例を紹介します。

人材派遣会社

人材派遣会社は、依頼が来たらその都度働ける人を募集する必要があります。そのため、人員を募集したり、急遽代わりの人材を募集したりするのに、多くの時間を割く必要がありました。しかし、SMS一斉サービスを導入したところ、適用条件に当てはまる人へ直ぐに通知することができるようになったのです。

通信販売会社

通信販売会社は、自社のサービスや商品を顧客に知ってもらえなければ、売上に繋がりません。しかし、SNSやメールで通知すると、未読率が高く、あまり費用対効果が望めないのです。SMS一斉送信サービスを導入することで、未読率や不達率を下げることに成功しました。

不動産管理

不動産管理は、顧客や大家と密に連絡を取る必要があります。しかしながら、SNSでは顧客のプライベートに触れてしまう恐れがあるので、SMS一斉送信サービスを活用することに。顧客や大家との距離も一定に保ちつつ、連絡をスムーズに取れるので、効率化が図れたのです。

保険会社

保険会社は、顧客へ定期的に連絡したり、新保険の提案をしたりと、連絡する業務が多くあります。そのため、顧客に見てもらえるようなメッセージにしなくてはいけません。SMSならメッセージを受診したときに、ポップアップで表示されるため、顧客の目に触れる可能性が高くなるのです。

自動車サービス業界

自動車サービス業界は、顧客に販売、メンテナンスなどの連絡業務がたくさんあります。ただし、顧客側からするとメンテナンスなどの連絡は、半年に一回程度なので、メールアドレスや住所を変更しても通知しない人もいるのです。そうなると、顧客に連絡がつきませんが、SMSなら電話番号で送れるのでとても便利です。

飲食・配達飲食

飲食店や飲食の配達サービスは、キャンセルの有無や予約時間の確認を通知しないと、顧客が忘れている可能性があります。そのため、事前に通知できるSMS一斉送信サービスはとても重宝します。

SMS一斉送信サービスの便利な機能

SMS一斉送信サービスは、どの企業や団体でも導入しやすいサービスだといえます。導入することで、顧客へスムーズに連絡できたり、損失を防いだりできるので、顧客が多い場合は検討してみてはいかがでしょうか。

SMS一斉送信サービスのSMS HaNa「資料請求・お見積り」

SMS一斉送信サービスを検討するなら、機能やサービスが充実しているSMS HaNaがおすすめです。HaNaのサービス内容や料金、お問い合わせ方法を紹介します。

SMS HaNa料金 お問合せ

登録料や月額会費無料、SMS一通あたり8円~と、安心の料金設定となっています。送る件数や利用状況によっても価格は異なるので、気になる人は下記の公式サイトより資料請求をしてみましょう。

資料請求・お見積りのご依頼、お問合せはこちら

SMS HaNaの基本的な操作方法とは?

SMS HaNaは、申し込みから最短4営業日で利用可能です。SMS一斉送信サービスが利用できるだけでなく、短縮URL機能や誤送信防止、差し込み機能などが付いています。そのため、会社や団体のサイトのURLが長くても記載ができたり、顧客の名前を差し込んだりすることができます。誰がメッセージを読んだか、URLは何度クリックされたかなどを知ることができるので、費用対効果判定をすることも可能です

SMS送信はわずか2ステップの簡単操作

SMS HaNa簡単操作【STEP1】送信日時を設定

【ステップ1】送信日時を設定:
予め用意した送信リストをアップロード ※一件だけへの送信も可能です。

SMS HaNa簡単操作【STEP2】送信メッセージを入力

【ステップ2】送信メッセージを入力:
予め用意したテンプレートをご利用いただくこともできます。

SMS HaNa簡単操作【送信完了】

【送信完了】送信確認ボタンをクリック:
わずか2ステップでSMS送信が完了します。

その他、SMS HaNaの便利機能

トラッキング機能:
過去60日分の送信履歴を閲覧できます。
メッセージに入力したURLを「いつ・誰が・何回クリック」したかを追跡できます。

ブラックリスト機能:
送信を停止したい電話番号を登録することができます。
配信停止希望の宛先への誤送信などを防げます。
1件毎の登録とリストの登録が可能です。

記事カテゴリ一覧

TOP