SMSで写真を送るときのポイントや便利なツールの活用方法 SMSで写真を送るときのポイントや便利なツールの活用方法
SMSで写真を送るときのポイントや便利なツールの活用方法
2022.10.12

個人間のコミュニケーションや企業から個人への通知など、利用の幅が広がってきているSMS(ショートメッセージサービス)。スマートフォンのアプリへ登録したときにくる「登録完了のお知らせ」や通販サイトからの「発送通知」、Webサービスへログインする際に使う「セキュリティコード」など、皆さんのスマートフォンにもよくくるようになっていませんか? 
今回は、そんなSMSで写真、画像や動画を送る方法や、文字数を節約する方法、そしてその活用方法など、SMSをより便利に使える情報をお伝えいたします。

SMSを使うメリット

まずは、SMSを使うメリットについて解説していきます。

インストールの手間がない

SMSは携帯電話やスマートフォンに標準で搭載されているサービスです。アプリのインストールや設定は必要なく、非常に手軽です。相手先の携帯電話番号さえ分かっていれば、メールアドレスやメッセージアプリのIDなどを別に確認する必要はありません。

メールアドレスよりも送信先が変わりにくい

久しぶりに連絡を取りたい相手へメールを送ると、届かなかったということはありませんか? 自由に登録・変更できるメールアドレスはキャリアやプロバイダの変更により、変わってしまうことが多々あります。SMSは携帯電話番号あてにメッセージを送信するサービスです。格安SIMの登場などにより契約キャリアを変更する人は多くありますが、愛着のある番号をそのまま使う傾向にあるため、SMSはメールに比べて本人に届きやすいと言われています。

メッセージが埋もれにくい

SMSを受信すると、受信者ごとにメッセージの一覧が表示されます。また、受信時に画面にポップアップされるため、受信者が気づきやすいという特徴もあります。さらにSMSはメールとは違い、他のメッセージに埋もれることなく過去の履歴まで確認できるため、一覧性も高いです。

SMSの弱点

他のメッセージツールより手軽なSMSですが、デメリットもあります。

SMSで写真や動画の送受信はできない

SMSで送ることができるのはテキストのみで、写真、画像や動画などのファイルは送信できません。

文字数に制限がある

SMSで一度に送ることができる文字数は、最大670文字です。ゆえに長いメッセージの送信には向いていません。

送信ごとに料金がかかる

メールやLINEなどのメッセージアプリとは違い、SMSの送信には送信毎に料金がかかります。1通3円からと安価ですが、長文のメッセージを送る際には60~70文字ごとに分割され、分割された通数分の料金がかかります。
※料金は契約キャリアによって違います。

SMSで写真や動画を送る方法は?

SMSのメリットとデメリットを解説いたしました。前述の通り、SMSはテキストメッセージのみの送受信に対応していて、写真、画像や動画を送ることはできません。しかし、次世代型のSMSであるRCS(Rich Communication Service)を使えば、携帯電話番号しか知らない人へも送ることができるようになります。ここでは、具体的にいくつかのサービスをご紹介します。

スマートフォンからSMSで写真や動画を送る方法

MMS

MMSは「マルチメディアメッセージサービス」の略で、各キャリア独自のメールアドレスを使って送る、いわゆる「キャリアメール」です。他のキャリアとの通信は通常のメールとして扱われますが、同じキャリア同士の送受信の場合、SMSのようなインターフェースでメッセージのやり取りができるRCSです。送信はパケット通信で行われるため、定額サービス等に入っていれば無料。入っていなければパケット通信料がかかります。

しかし、キャリアメールを使用することからキャリアのサブブランドなど一部を除き多くの格安SIMには対応していないことや、楽天モバイルにも対応していない(※)ことにも注意が必要です。※2021年12月現在

iMassage

iMassageはiOS独自のRCSアプリです。メッセージのやり取りに電話番号やApple IDを使用し、iOS上でSMSなどのメッセージ機能を使うと自動的にiMassageに切り替わります。受信者がiMassageに対応していない場合は、自動的にSMSやMMSに切り替えて送信されます。iMassage同士、またはiMassageとMMSとの通信であれば通信料金はパケットのみになりますが、相手がSMSの場合は送信ごとに料金がかかります。

プラスメッセージ

プラスメッセージはNTTドコモ、au、ソフトバンクが共通規格で提供しているRCSです。専用のアプリケーションをインストールすれば、電話番号を使って画像や動画、長文のメッセージの送受信が可能になります。プラスメッセージのやりとりにはパケット通信が使われますが、送信先が対応していない、プラスメッセージをインストールしていないなどがある場合は、自動的にSMSに切り替わり、送信料金がかかります。

パソコンからSMSで写真や動画を送る方法

自社サービスの会員や取引先に、一斉にSMSを送信する際には、SMS送信サービスを使うのが一般的です。作業量や送信数制限などの問題がありスマートフォンからの送信は適していないからです。また、SMSは送信先が携帯電話番号であるため、写真、画像や動画の添付はできません。そのため、以下のような方法で行われます。

写真や画像をWebにアップロードし、URLをメッセージに挿入する

SMSはメッセージ内にURLがあると自動的にリンクが貼られ、タップするとそのURLにジャンプします。見てもらいたい写真、画像や動画をあらかじめWebにアップロードし、そのURLをメッセージ内に挿入し、送信することで受信者に届けられます。
しかし、アップロードしたURLがあまり長いと肝心のメッセージの文字数が減ってしまうため、画像のリンク先は送れても送る内容が不足してしまうという新たな課題が生まれます。

短縮URLで写真や画像のURLを短くする

皆さんのSMSの受信ボックスに、「bit.ly」や「ow.ly」などで終わる短いURLを見たことはありませんか? これらは「短縮URL」というサービスを使って送られたURLです。「短縮URL」は、指定のURLを自動的に短いものに変換してくれるサービスです。このサービスを使えば、文字数の消費を抑え、かつ写真、画像や動画も届けられるようになります。また、短縮URLを提供しているサービスの多くは、だれがいつURLをクリックしたかを解析できる「トラッキング機能」を提供しています。メッセージの短縮のためだけでなく、アクセス解析としても短縮URLの利用は有効です。

SMS送信サービスには「短縮URL」機能が使える

しかし、SMSを送るために毎回別のサービスを使って短縮URLを発行し、使用するのは手間になります。また、サービスを提供している事業者がサービス自体を終了させてしまうとそのURLはもう使えなくなってしまいます。実例をあげると2019年にGoogleの短縮URL(Google URL Shortener/goo.gl)は2019年に10年間続いたサービスを終了。アクセスは継続しているものの、アクセス解析ができなくなってしまいました。

そのため多くのSMS送信サービスは独自の短縮URL機能を提供しています。短縮後の文字数やトラッキングなど、サービスの内容は各社さまざまですので、サービス提供会社を選定する際はこちらも比較ポイントにするといいでしょう。

SMS送信サービスの短縮URLをどう使うか

ビジネスにおいては、文字だけでなく視覚的な効果で伝えたいことも重要です。そのため、写真、画像や動画だけでなく、提案内容の詳細や申し込みフォームなど、URLの送信は非常に有効です。その際に役立つのが短縮URLとトラッキング機能(アクセス解析)です。ここでは、SMSにおける短縮URLの利用例をご紹介します。

サービスサイトへの誘導

SMSはメッセージを送りたい本人へ届きやすいコミュニケーションツールです。SMSでセール情報を送信し、ECサイトなどへの誘導を行えば、効率的に売上をあげることができるでしょう。ただし、販売目的のSMS送信は特定電子メール法に対応した運用が必要です。


デジタルコードの送信

本人に確実に届ける必要があるギフトコードの送信には、SMSが最適です。メールは作成が容易で、複数の人に見られる可能性があるからです。応募者の連絡先携帯電話番号へギフトコードの文字列を挿入、入力先を短縮URLでトラッキングすることにより、いつ、だれがコードを受け取ったかがわかります。

顧客へのアンケートフォームへの誘導

アンケート入力を促すのにもSMSは有効です。説明会やセミナーの終了後、アンケートのメッセージ内に書き、短縮URL機能で作成したフォームへのリンクを送信。その場でアンケートに回答してもらえれば回収率も上がるでしょう。

電話応対からサポートページの誘導

電話で問い合わせをしてくるお客様はパソコンを見ながらかけている、という場面だけではなく、外出先からということもあるでしょう。その際はSMSで相手の携帯電話番号にサポートページやPDFファイルのURL送るといいでしょう。誘導したページをスマートフォンで見ながら電話で説明すれば、お客様の理解も深まります。ここでも短縮URLのトラッキング機能を使えば、送信先がそのファイルを確認したかどうかがわかります。

登録内容の確認

利用契約やWebサービスの会員登録などの際、重要事項の告知・通知は非常に大事です。本人に届きやすく、かつメッセージを見てもらいやすいSMSはこの業務との相性が非常によく、業務もスムーズに回ります。この場面でも契約者宛に確認ページへのURLを短縮URL機能で変換し・送信すれば、契約時や登録時に必ず見てもらわないといけない内容を見ていなかった、というトラブルも防げます。

SMS送信サービスを便利に使おう

短縮URLだけでなく、SMS送信サービスには端末からの送信ではできないさまざまな便利機能が利用できます。ここでは、その機能の一部をご紹介します。

一斉送信

携帯端末からの送信とは違い、SMS送信サービスは一度の操作で複数の宛先にメッセージの送信ができます。また、携帯端末とは違い、送信件数に制限はありません。一度に送信できる件数はサービス提供会社によって違いますが、数千~数万通であればどの会社も問題なく送れます。

予約送信・再送信

送信したい日時を決めての予約送信もSMS送信サービスでは可能です。前日の日中に送信開始時間を設定しておき、翌日の朝に送信といった運用も可能です。また、相手先の電波状況や電源のオンオフなどにより届かなかった宛先への再送信もWebから行えます。

メッセージ差し込み

メッセージ内に送信先の名前や会社名、IDなど固有の情報を差し込むことにより、毎回メッセージを書き換える送信する手間がなくなります。送信ファイルの情報を使いますので、入力ミスや入れ違いもありません。

APIによるシステム連携

アプリやECサイトなどの登録通知は24時間365日の運用が求められます。人が対応できるものではないため、システムとSMS送信サービスをAPIで連携し、自動化することができます。

SMS送信サービスで確実で効率の良い業務運営を

テキストだけを送るSMSも、使い方次第で画像や動画にも対応していることがおわかりいただけたでしょうか。個人間であればRCSアプリを使えば解決できますが、RCSは現状万人に浸透しているサービスではなく、提供サービス会社もまだ多くはありません。確実に届けなければならない内容は、SMS送信サービスを使って、効率よく確実な業務運営を検討してみてはいかがでしょうか。

日本テレネット「SMS HaNa」の特徴

最後に、当社のSMS送信サービス「SMS HaNa」の特長をご紹介します。豊富な導入事例もございますのでぜひ一度お問い合わせください。

国内4キャリア対応の国内直収サービス

SMS HaNaは、NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4キャリア対応の国内直収サービスです。海外回線を利用しないため、大事なメッセージを高い確率でお届けします。

発信者番号の設定・追加を無料対応

メッセージの受信時に表示される「発信者番号」の設定や追加を無料で行います。複数の発信者番号の利用も可能です。

送信リストの共有が可能

Web上に送信リストをアップロードし、管理できます。送信の条件設定や重複チェック、除外リストなど安全・確実にメッセージを届けられる機能をお使いいただけます。

資料請求・お見積りのご依頼、お問合せはこちら

記事カテゴリ一覧
休眠顧客
アプローチ
新規営業
効率化
費用対効果
コスパ
獲得単価
改善
販促
ツール
安い
クリスマス
エリアマーケティング
ポスティング
集客力向上
小売業
顧客リスト
飲食店
法人リスト
FAX
一斉送信
FAX PC
FAX 送信
PC
FAX 一斉配信 PC
FAX パソコン
FAX 一斉配信 パソコン
販売促進
事例
業務改善
アイディア.業務効率化
方法
名簿
リスト
活用
ソフト
インターネット
クラウド
サービス
配信
クラウドサービス
新規顧客
開拓
セミナー
集客
メルマガ
開封率
コスト削減
営業
電話
営業効率化
宣伝
インサイド
セールスとは
営業支援システム
安心・安全FAX
迷惑FAX防止
ボディコピー
FAXDM
反応率
デザイン
リード
マネジメント
販促業務
決算期
既存顧客
マーケティング
エンゲージメント
キャッチコピー
チラシ
フォント
顧客分析
SMSサービス
一括送信
利用シーン
SMS認証
比較
ショートメッセージ
SMS送信
テレワーク
新型コロナ
顧客管理
カスタマーサクセス
インターネットFAX
送付状
MOVFAXアップデート情報
不動産取引業
活用ポイント
通信販売・ECサイト
不動産賃貸・管理業
教育機関
医療業界
保険業界
自動車業界
複合機
ペーパーレス
活用事例
HaNaHOTLOG
MOVFAX
AUTO帳票EX
AI OCR
OCR
FAX受信
DX
ショートメール
SMS送信サービス
メッセージ
SMS料金
SMS文字数
デジタルギフト
SMSが送信できない
SMSが受信できない
SMSが送受信できない時の原因・対処方法
SMSで画像を送る
SMSで画像が送れない
MMS
陣痛タクシー
API
マタニティタクシー
FAX OCR
業務効率化
アイデア
活用方法
手書き文字
カルチャーセンター
帳票
デジタル化
FAXサーバー
クラウドFAX
ペーパーレスFAX
人材派遣業
人材紹介サービス業
安否確認
緊急連絡
連絡ツール
犯罪収益移転防止法
本人確認
KYC
eKYC
リモートワーク
新しい働き方
保険代理店
発信者番号
SMSが届かない
共通番号
国内直収
Interview
無料トライアル
二段階認証
Twitter
認証コード
SMS HaNa
SMSHaNaVU
SMSで写真を送る
メッセージツール
メール
LINE
双方向SMS
電子帳簿保存法
猶予期間
発注書
納品書
請求書
帳簿
脱FAX
業務のDX

TOP