活用事例<詳細>

【新規開拓】特定エリア内での代理店拡大を効率化

法人データベースから市区町村単位まで絞り込んだターゲットへファクスDMを一斉送信して、代理店数が不足しているエリアの強化を実現。

| L-net | マスターサービス |

背景

代理店数が不足しているエリアを市区町村別に強化したい

住宅建設業のT社では、支社単位で主に電話にて建設リフォーム工事業者に代理店募集のアプローチをかけていた。しかし、企業担当者が不在であったり、即答ができない内容のためなかなか成果に繋がらなかったため、不足エリアに特化したアプローチができるツールを活用して早急に取り組みを開始したいと考えていた。

実施内容

ファックスによる募集で担当者への到達率アップを狙った

ファックスの場合は、担当者の机に置かれるなど担当者の手に渡りやすく、FAX用紙そのものが社内検討の材料になるため、社内会議にかけられやすくなり、決裁者への到達率が高いと考えた。優良法人の企業データベース「マスターサービス」から、不足エリアを中心に市区町村単位での絞込みを行い、対象となる会社名簿を作成。代理店募集のファックスを1500社に一斉同報を行った。

成果

多くの問い合わせを獲得でき、代理店拡大を実現!

1500枚のファックス一斉同報に対し、50件程度の問合せがあった(反応率 約3%)。こちらの依頼したい内容がしっかりと書面で伝わるため、確度の高い問い合わせが増えた。また、社内回覧などで情報が行き届いており、何度も足を運ぶことなく契約が獲得しやすくなり、結果的に営業コストの削減にも繋がった。