活用事例<詳細>

【新規開拓】FAXを活用したダイレクトマーケティングで新規商談数アップ!

金網の製造・販売を行うメーカーでは、従業員数が少ない状況であるにもかかわらず、営業マンの代わりにFAXDMを活用することで見込み客の獲得増に成功している。

| L-net | マスターサービス |

背景

営業人員不足を十分にカバーできる手法としてFAXDMに注目。

金網専業メーカーである同社では、従業員数が少ないため営業強化が課題であった。しかし、急な体制変更や営業コストを増やすことが難しい状況であるため、手軽に実施できるダイレクトマーケティングを以前から検討していた。郵便やメールなどさまざま手法がある中、お客様側の手間を考慮し、FAX一斉送信サービスを利用することとした。

実施内容

業種・エリアを絞ったダイレクトマーケティングを継続的に実施

法人名簿サービス「マスターサービス」の企業名簿からターゲットとなる会社リストを抽出。関東エリアの設計事務所・建設業者約2,500社を対象に月1回FAXDMを送信するダイレクトマーケティングを実施。製品に関する資料請求に加えて、サンプル請求にも対応できる体制を整えて1件でも多く見込み客を増やせるよう工夫した。

成果

見込み客から高い返信率、FAXDMの効果を実感!

2,500件のFAXDM送信に対して、15件の資料請求・サンプル請求を獲得することができた。(返信率は0.6%)FAXDMは、原稿とターゲットの会社リストを準備するだけで手間もコストを最小限で告知ができる手軽さがあり、通常の営業活動と平行して行える点は非常にメリットが大きいと考えている。今後は、自社のホームページを強化してサイトへの誘導を目的とした利用を行う予定。