活用事例<詳細>

【業務連絡】短い送信時間で各店舗に一斉連絡

ホテルのキャッシュバックポイント管理しているA社は、FAXを使って全国にある200店舗にキャンペーンなどの情報を一斉に送信、情報を共有している。

| L-net | あてな名人Plus |

背景

各店舗への連絡を営業マンが個々に送りたい

全国にある200店舗への業務連絡を、各営業マンがFAXにより情報共有を行いたいが、自社のFAXを使うと送信に時間がかかり、他の営業マンが利用しているとなかなか使うことが出来ない。また、FAX機も1箇所にしかなく、部屋を移動する必要があった。

実施内容

各パソコンにインターネットFAXソフトをインストール

各営業マン所有のパソコンに、FAXではなくパソコンからFAX一斉送信できるソフト「あてな名人プラス」をインストールし、各営業マンがPCからFAX送信ツールを利用出来るようにした。

成果

送りたい時にどこからでもらくらくFAX送信できるようになった

各営業マンが好きなときに送りたい情報をリアルタイムに各店舗へFAX送信できるようになり、情報の共有がより早く行うことができるようになった。また、自社のFAXを使っている時は、送信待ちの時間や、FAXを送るために特定の場所へ行く必要があったが、FAX送信サービスを導入してからは、業務がスムーズに効率的に行えるようになった。自社FAX機で200店舗にFAX送信していた事による電話回線の占有が無くなり、通話料金も若干コスト削減できた。