活用事例<詳細>

【集客業務】 FAXDMでセミナー集客を効率化

コンサルティング会社S社では、定期的に開催しているセミナーやイベントの案内を郵送DMからFAXDMへ切り替えることで集客業務の手間とコストを大幅削減。

| L-net | あてな名人Plus |

背景

セミナー集客の業務負荷を軽減したい

コンサルティング会社S社では、おもに中小企業経営者を対象としたセミナーや経営コンサルタントを講師に招いた講演会などさまざまなイベントを定期的に開催している。 セミナー開催の案内状を郵送するタイミングは、当日の準備などで多忙な時期で人手が足りず、深夜までかかって約400通の郵送DMの準備を行う状況が続いていた。

 

実施内容

セミナー集客を郵送DMからFAXDMへ切り替え

これまで約400件の宛先へ郵送で送っていたセミナー案内をFAXDMへ変更。パソコン専用アプリケーションソフト「あてな名人Plus」は、自社にあるリストをそのまま宛先データとして使用できるのでFAX原稿を準備するだけで送信することができた。さらに、送付先の会社名や氏名を宛名印字をして着眼率のアップにも取り組んだ。

 

成果

集客業務の時間短縮により、コスト削減と業務効率化を実現!

郵送DMからFAXDMに切り替えることで、案内状や宛名ラベルの印刷、封入など長時間の手作業を解消し、集客コストも削減することができた。また、郵送作業のために割いていた時間を他の業務に使えるようになり、業務全体の大幅な効率化にもつながった。