AUT0帳票Customとは?

AUTO帳票Custom(テキストファイル送信タイプ)とは?

あらかじめ登録された帳票フォーマットにテキストデータを流し込み、自動的に帳票FAXを一括配信することができます。

AUTO帳票Customの仕組み

AUTO帳票Customの仕組み図

「AUTO帳票Custom」はインターネット等を経由し帳票データを相手先のFAXへ送信するASP型サービスです。このサービスの導入によりFAXサーバといったシステムの投資や管理負担を大幅に削減することができます。

仕入、販売や物流などのあらゆる業務で必要となる帳票類のフォーマット(レイアウト)をあらかじめ登録しておき、貴社基幹システムなどで管理しているデータを日本テレネットへ送信するだけで、「AUTO帳票Custom」が登録したフォーマットに自動的にデータを反映し、帳票を作成。指定の宛先へFAX送信を行います。
また、送信先へはFAXだけではなくメール送信も可能で、ペーパーレス化により業務の効率化とコスト削減を実現することができます。帳票のフォーマットは自由度が高く、現在送信している帳票のレイアウトをそのまま再現いたします。

AUTO帳票Customの主な活用例

ある大手物流会社では、物流拠点で荷主様からのご依頼による商品の集荷依頼書を全国の拠点へ手作業にて日々FAX送信を行っていました。しかし手作業での運用のため、一旦依頼書をプリントアウトしパート社員が日々2~3時間をかけてFAX送信していましたが、残業コスト・間違いFAXなどが課題となっていました。

そこで自社の基幹系システムから日々対象となる拠点リストデータを固定のCSVファイル名にて出力し、ファイルを日本テレネットに送信。AUTO帳票Customが一括してFAX送信できるようにしました。

導入による効果
作業工数の削減 誤送信の防止 ペーパーレス化とWeb管理によるコスト削減と効率化
作業が、ファイルのアップロード、不達先への再送信処理のみとなり、作業時間が大幅短縮。 パート社員の2~3時間の残業費の削減となった。 システムからFAX番号を出力しているため、別拠点への誤送信がなくなった。 依頼書の出力が不要で、システム上で管理できる為、用紙コスト削減だけでなく、管理の効率化を実現。
特長はこちら

ページのトップへ戻る

  • AUTO帳票Directとは?
  • 特徴
  • 活用事例
  • 導入までの流れ
  • よくあるご質問

AUTO帳票Direct(イメージファイル送信タイプ)とは?

イメージファイルをメールやWeb-API経由で添付して送るだけで、簡単に帳票FAXを配信することができます。

AUTO帳票Directの仕組み

AUTO帳票Directの仕組み図

社内・社外を問わず、注文書や出荷伝票等の作成や顧客・関連部署への入力作業・宛先確認・送信作業は業務活動の大きな負荷となっています。
さらに、その業務をささえるFAX機や通信回線などのシステム投資や運用コストも課題です。

「AUTO帳票Direct」は、インターネットを経由し帳票データを相手先のFAXへ送信するASP型サービスです。 このサービスの導入によりFAXサーバといったシステムの投資や管理負担を大幅に削減することができます。

操作手順は簡単。販売や生産、物流といった様々な帳票データをメールに添付して「AUTO帳票Direct」指定アドレスにご送信いただくだけです。

業務・基幹系システムで作成された帳票のデータを多様なファイル形式(*1 の電子帳票データをFAX用データ(TIFF)に変換し、ご指定の宛先へFAXで送信いたします。

(*1:対応ファイル:Word/Excel/PowerPoint/PDF/TIFF/テキストファイル)

AUTO帳票Directの活用例

ある大手建設会社では、毎月1回、取引先各社に対して「支払通知書」を郵便発送していました。しかし、郵送には帳票印刷、封入、封緘、発送と手間やコストがかかるうえ、 到達のタイミングにもバラツキがある為、取引先からの問合せも多く発生し、電話などの対応が負担となっていました。

既存の基幹系システムにはPDFファイルを作成できる環境があったことから「支払通知書」のPDFファイルをメールに添付して「AUTO帳票Direct」まで送信する事で、取引先へFAX送信を行う環境を構築しました。

導入前、導入後の図
導入による効果
  • ペーパーレス化によるコスト削減毎月の負担となっていた用紙代・印刷代・トナー代等が大幅に削減。
  • 人件費の削減印刷・封入・封緘・発送などの加工・作業費(人件費)を大幅に圧縮。
  • 管理負担の軽減締め日から到着までの期間が短縮され、取引先からの問合せ数も大幅に減少。
特長はこちら

FAX受信サービスMOVFAX for API MOVFAX

AUTO帳票DirectとMOVFAXforAPIを利用し、貴社の基幹系システムとWEB-API連携することで、受発注業務などにおけるFAXの送受信のペーパーレス化を図ることができます。

FAX送受信サービス連携イメージ

FAX送受信サービス連携図

MOVFAX for API 基本仕様

MOVFAXforAPIでは、WEB-API(SOAP)経由で以下のような情報を、取得し、貴社システムに取り込むことができます。情報はXML形式で提供していますので、販売管理や生産管理など様々な業務な業務パッケージとの連携が可能となります。

API経由で取得可能な情報
  • お問い合わせ資料請求はこちら
  • お電話でのお問い合わせ0120-125-799
  • 9:00〜19:00(土・日・祝日を除く)携帯電話・PHSからのご利用も可能です
  • FAX一斉同報サービスL-net